近代交通/沖縄史 主な出来事


西歴

元号

    ▼ 沖縄 ▼   ▼ 日本・他 ▼

1872

明治05

 
      日本初の鉄道開業(新橋-横浜)
1879 明治12    

――――――――― 廃藩置県 / 琉球処分 ―――――――――

1884 明治17    

鹿児島行・大阪行 定期航路が開設

   
1886 明治19    

沖縄で人力車が初登場

   
1894 明治27    

―――――――― 日清戦争開戦(翌年終結) ――――――――

1895 明治28        

初の電気鉄道開業(京都電気鉄道)

1896 明治29    

那覇-名護間 定期蒸気船就航

   

1899

 

明治32

 

   

土地整理事業を開始(1903年完了)

土地の私有が可能に

   
1902 明治35    

初めて客馬車が登場

 

 
1904 明治37    

―――――――― 日露戦争開戦(翌年終結) ――――――――

1907

 

明治40

 

       

私鉄を国有化。官設鉄道の敷設距離は7000km超えへ

1910 明治43    

――――――――― 軽便鉄道法が公布される ―――――――――

同年

 

     

沖縄電気株式会社設立、沖縄に初めて電気が灯る。

 

自動車を初輸入

 

1914 大正03    

――――――― 第一次世界大戦 開戦(1918終結) ―――――――

同年       05月、沖縄電気軌道 開業
   
同年       12月、与那原線 開業    
1915 大正04     国頭街道開通    
1916 大正05     自動車(T型フォード)初上陸     

1917

 

大正06

 

   

乗合タクシー(T型フォード)が開業。

那覇-名護間は3時間まで短縮

 

米、鉄道敷設40万kmでピーク。

以降は自動車におされていく

1921 大正10     3月、東宮お召列車 運行
   
1922

大正11

    3月、嘉手納線 開業    
1923 大正12     8月、糸満線  開業    
同年      

― 関東大震災 

1929 昭和04
    バス登場。那覇-首里間の運行開始
   
同年       ― 世界恐慌~昭和恐慌 
1930 昭和05    

軽便鉄道、ガソリン動車導入

   
1931 昭和06     与那原2代目コンクリート駅舎 登場    
1932 昭和07     那覇を中心にバス会社の林立が始まる    
1933 昭和08     沖縄電気(軌道) 開通19年で廃業    
1937 昭和12      日中、全面的に交戦状態へ(~1945終戦まで) ―――
1939
 昭和14     糸満馬車軌道が営業を停止
   
1941
昭和16
         真珠湾攻撃にて日米開戦 

1945

 

昭和20

 


 

 沖縄本島の上陸戦が開始、そして終戦へ 

軽便鉄道は設備破壊とその後の米軍統治により消失